ナジックアイサポート

働くための準備

面接の受け方

1.面接を受ける前に確認すること

事前準備

履歴書・職務経歴書などの応募時必要書類は、すでに提出済みの場合は不要ですが、面接時提出 と指定されている場合は、白封筒に入れて持参します。記載内容をもとに質問をされることも多いため、 自分の書いた内容はしっかりと確認しておきましょう。

服装、身だしなみ

人の第一印象は、まず外見だと言われます。面接に相応しい服装や身だしなみ、態度で面接に挑みましょう。 就職活動の場合は、リクルートスーツを着用します。男性の場合は、ネクタイやシャツは清潔感のあるもの、 靴は黒革のオーソドックスなデザインで、目立つ傷や汚れのないものを着用しましょう。 女性の場合も、襟付きのブラウスを着用し、ヒールの高すぎる靴は避けましょう。 小さなピアスくらいであれば問題はありませんが、アクセサリーは極力身につけないほうが賢明です。
男女とも、鞄はA4サイズの書類の入るビジネス用デザインのもの、腕時計を着用する場合は、 デザインに凝ったアクセサリーウォッチや超高級時計などは、好印象を持たれないので注意しましょう。
頭髪、ヒゲ、めがね、メイク、爪など、服装以外にも印象を左右する要素がたくさんあります。 いずれも、採用面接であることを念頭に置き、派手で軽率に見えるもの、清潔感を損なうものは避けましょう。

その他

面接は、15分前を目安に早めに到着するようにしましょう。面接場所は必ず事前に確認しておいて下さい。 公共交通機関で行くのが大原則です。交通の便が良くないなどの理由で、車や単車で行きたい場合には、必ず事前に許可を受けましょう。 また、タクシーで会社正面に乗りつけることは、面接を受ける者として相応しい態度ではありませんので、 万一タクシーを利用する場合には、少し離れた場所に停車するようにしましょう。家族・友人の車で送ってもらう場合も同様です。

働くための準備