ナジックアイサポート

働くための準備

自分探しについて

就職活動をはじめる前に

どれだけ働きがいがあっても、給与だけでは生活できず、社会人になっても親に仕送りを頼まざるを得ないような状態では長続きしません。 また、どれだけ給与条件が高くても、あまりのハードワークで体調を崩したり、 日常の業務に忙殺されて本来の目標を見失ったりという状態では、長続きしません。 仕事・会社を選ぶことは、自分がどのように生きたいのかを考え、その上でどのように働きたいのかを考えることでもあります。

1.目標を明確にするために

組織にいるからこそ経験できる仕事や働き方もあれば、個人で起業するからこそ出来る仕事や働き方もあります。 自分自身が、将来どのような仕事、働き方をしたいのかをまずは考え、そのためにはまずどのような会社で、 どのようなスキルを身につけるのが好ましいかを考えていきましょう。 ただし、行動する前に具体的で緻密な計画を立てることに拘りすぎる必要はありません。
それよりも、書籍やネットから得られる情報だけで独断的に判断するのではなく、 実際に経験している人に直接話を聞ける機会を作る努力をし、様々な事例を他人事ではなく、 身近なものとして捉えられるように行動してみましょう。「キャリアの80%は予期しない偶然の出来事によって形成される」 というスタンフォード大学・クランボルツ教授の理論があります。

これは、逆に言えば、自分が自分の思い描くキャリアを実現しようと思ったら、 自ら偶然を引き寄せる仕掛けを作っていかなければならないということです。
例えば、何らかの仕事についている人に話を聞きたいと考えたとして、自分ひとりの人脈では難しくとも、 大学の友人・先輩・教授やアルバイト先の仲間・先輩・社員など、少し範囲を広げると思わぬ出会いが広がることがあります。 また、将来起業したい人であれば、設立後間もないベンチャー企業などでアルバイトをし、直接現場を見聞きしてみるという方法もあります。 積極的に周囲に「こんなことがしたい、こんな風になりたい、こんな人と知り合いたい」という情報発信をしていれば、 周りの人もそのような情報や人脈があれば紹介をしてくれます。自分から偶然を引き寄せるために動くことを心がけましょう。

働くための準備