ナジックアイサポート

株式会社 ナジックアイサポート 求められる取り組み

若者の「社会人基礎力」の育成・向上には、社会全体による枠組み作り<若者、産業界、教育界が密接なコミュニケーションをとること>が不可欠です。 ナジックアイサポートの主な役割は、大学、企業と連携をはかり、学生に活きた就業経験を提供すること。 学生は、「働くこと」に関心を持ち、仕事に対する理解を深めることで、自らの適性や方向性を知ることができます。
企業は、若者と接点を持つことで、求める人材像を明確にし、発信。それを受けた大学は、より適切なキャリア教育を推進し、 若者たちの可能性をよりよい方向へ導くことができます。 フィードバックが繰り返されることで、学生の社会人基礎力は向上されていくのではないかと考えます。


求められる学生、企業、大学の取り組み

ナジックアイサポート

相互理解が深まるよう、学生、企業、大学の各視点から、各連携を円滑にサポート

学生

  • 社会と多く触れる/
    社会経験を積む
  • 様々な「体験」への積極的な参加

企業

  • 若者との接触機会を持つ/
    若者との「つながり」の強化
  • 早期の人材育成による社会貢献
  • 入社後の一貫した人材育成

大学

  • キャリア教育の推進
  • 産学連携の就職支援の促進
  • 地域産業と連携した就職サポート
相互間の連携により実現
学生

自分の適性や方向性を知る

  • 社会とのギャップを埋める
  • 社会人基礎力の向上・成長
  • 積極的な就職活動・キャリア意識の形成
企業

求める人材像の把握・発信

  • 早期の人材育成、社会貢献
  • 採用時のミスマッチの解消
  • 職場への定着率を高める取り組みの推進
大学

適切なキャリア教育の提供

  • 人材を育てる教育改革
  • キャリア教育の向上、見直し
  • 学生のタイプに応じた就職支援プログラムの提供

今求められる、学生の就労体験